« パコの絵本/映画 | トップページ | 新聞広告 »

株と為替とショートとロング

円だけが一人勝ってて他の為替が下がっている。
その理由は逆流だという。
そんなマクロの世界なんかわかりませんが。
投資をはじめるには程よい時機かも知れません。
勉強し直す時間もきっちりありそうです。
私の持っているのはほんとにちんまりとした資金なので慎重に選ばないと。

為替も株も良ーく知っている銘柄を買って10年くらいずっと持っているのが良いと書いてありました。
じゃあ、知っている国は?とりあえずアメリカか。。
知っている株は?ウチの車はホンダだなー。
と、思う。
でも、あにはからんや両方の銘柄は私を拒否するのだ。
例えば1ヶ月ほど前下落相場でスワップが低いから米ドルを試しにショートした。サルでも儲かるって言う時機に、なぜかのせてもらえない。
ホンダ。ホンダは私の思うのと逆を行く。で、資金が足りなくて買えない。

しかし、手招きする通貨と銘柄があって、
最初から仲良しの神戸製鋼だ。巨大で重苦しく持ち合いでバフェットが絶対選ばない銘柄。ああ、そう。円高で景気よくなるでしょうよ。買いますよ。と、単元未満株で買い増し続けている。(笑)100円切るかもしれないけど。。10年のおつきあいですか。。
豪ドル。波のり率高し。かなり予想通りの動きをする。上がってよし下がってよし。多分、リズムの問題なのかもしれないなーと思う。しかしそろそろ買い置きをしはじめてもいい頃合いに見える。

夜にアメリカの株価が下がってドルが下がったら、(円が上がったら)買い注文を入れる。最近分かりやすいなあ。

|

« パコの絵本/映画 | トップページ | 新聞広告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パコの絵本/映画 | トップページ | 新聞広告 »