« 株と為替とショートとロング | トップページ | 大丈夫ですかと聞いたら大丈夫と返事が来る »

新聞広告

土曜日か、日曜日の日経新聞に本の広告を出す、というメールをもらった。

そのことも頭にあって、丸善書店に出かけると、ビジネス棚にちんまりと平積みになっていた。で、手に取ってパラパラめくったのだけれども、やっぱり恥ずかしくて元に戻した。

でも、私自身、株式の長期投資の本を買いに行ったのだし、どうも個人投資家はしばらく前から投資を控えていた人が大多数じゃないのかな。思ったよりも、やる気満々の人が多いような気がする。何しろ大バーゲンの最中だから。

平積みになっている本のオビをみていても、今が買い時!と買い煽りが多いのだ。さすが。というか、ヨカッタね、借金本。金利も安いし。とりあえず不動産動向については全然分からないので、いいんじゃないのかなと思う。今お金を貸してくれるかどうかわからないけど。

そこで、日経新聞だ。

今朝になって、開いて見る。予想では社会面から行って、日曜の書評あたりとか、、投資の指南部分とか、、ない。開いてないページはなかったかなー。と思った第2面。ありり〜。黒枠(笑)で囲ってあって。けっこうデカ。漫画本より幅3センチくらい小さいくらいの広告かな〜。

ちくまさんですから、右端は茂木健一郎さんの「脳科学講義」外山茂比古さんの「知的創造のヒント」間に小さく安野光雅さんとか、つげ義春さんとか入って。その横左端です。

沢さんの本はマクロな経済のことは書かない。大体身の丈で、どういう考えで借金をして、どう折衝することでお金を借りることが出来るか、とか、そういうことを書いてあるのだけれども。だから良い本だと思う。

ただ、ちくまさんのこういう投資をみていると、投資というのはつくづく人に力を与えてくれると思う。

|

« 株と為替とショートとロング | トップページ | 大丈夫ですかと聞いたら大丈夫と返事が来る »

コメント

まるさん、こんばんはー。
ほとんどゼロに近い金利が、さらに下がりましたね~
しばらくは上がる見込みもないし、ますます借金の時代だ(笑)!

>思ったよりも、やる気満々の人が多いような気がする

証券会社に口座開設の請求が殺到してるらしいですよ。
こんだけ暴落してるから、「やっぱり株ってこわ~い。」とかなってるのかと思いきや、意外でした。

でも、いまやられてるのは、すでに投資をしている人ですものね。
今から始められる人は怖いものなしなのかも。
ちょっと羨ましいかな。^^;

投稿: さますの | 2008年10月31日 (金) 20時43分

さますのさん〜
巷で0.25%利下げと思われてたのに、0.2%というのは?!と新聞にツッコミを入れようと思いましたよ〜。ゼロになる前にあと一度利下げ出来るってことかな。

世界単位でみたら今日本人が一番お金持ちというのも、なんだか運命のイタズラのようですね。今が半額バーゲンですよー。

投稿: まる | 2008年11月 1日 (土) 00時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45790/42910537

この記事へのトラックバック一覧です: 新聞広告:

« 株と為替とショートとロング | トップページ | 大丈夫ですかと聞いたら大丈夫と返事が来る »